外車買取24 外車の売買に特化したプロ集団です。ディーラー・大手買取り店の価格…はっきり言って安すぎます!

外車買取実績

ラングラー スポーツ 5MT

2020.05.22

  • アメリカ車
  • ジープ

ベントレー ターボR

2020.04.20

  • イギリス車
  • ベントレー

インフィニティ FX35

2020.03.28

  • アメリカ車
  • インフィニティ

サリーン S281

2020.03.27

  • サリーン
  • アメリカ車

日産 GTR

2020.03.25

  • GTR
  • 日産

ポルシェ911 930カブリオレ

2020.03.22

  • ポルシェ
  • ドイツ車

マクラーレン570GT

2020.03.20

  • マクラーレン
  • イギリス車

ポルシェ911 ターボS

2020.03.19

  • ポルシェ
  • ドイツ車

外車買取24の買取り実績一覧を詳しく見る

外車買取専門店 外車買取24は、
多くのお客様に選ばれています。

日本全国対応

日本全国どこでも査定に伺います!特に近隣に専門店がない方、お時間がない方、ご利用ください。

専門店ならではの
高額買取

大手買取店、ディーラー下取りの方が提示金額を上回ることはまずありません。外車買取24に一番最後に御依頼ください。

面倒な手続きも
すべてお任せ

陸送・名義変更・所有権解除などすべて無料で代行致します。

最短3分!
無料概算査定

お電話で問い合わせいただければ、最短3分で概算金額を提示することが可能です。車検証をご用意頂きご連絡下さい。

日本全国24時間以内
買取可能

すぐに資金が必要・・・駐車場がない・・・等々迅速に対応致します。担当者にお伝えください。

全メーカー
全車種対応

下記以外のメーカー・車種であってもまずは一度お問い合わせください。必ず適正価格を提案致します。

全車・第三者鑑定
機関査定

全車両に第三者機関の鑑定士に鑑定を依頼し、修復歴、メーター改ざん・交換歴をチェックしています。

査定のみ可能!

お客様のサポートが目的ですので一度金額を聞いて判断してください。提示金額には自信があります!

お客様に合わせた
売却プラン

買取のみならず、運営会社での委託販売も可能です。まずは一度お問い合わせ下さい。

メール、LINE
で24時間受け付け

24時間受付可能。お時間ない方でも、まずは一度ご依頼下さい。

しつこい営業
一切なし

一括査定のように複数社から何十件もお電話がいくことなく専門店1社のみの査定です。

事故車、故障車
OK

事故・故障・不動車でもOK。価値がある車両はどんな状態でも値があります。担当者に詳細をお伝えください。

外車買取24の選ばれる理由を詳しく見る

外車買取り対象メーカー

ドイツ車

ドイツ車の魅力の一つは、ブランドの伝統へのこだわりです。
最先端のテクノロジーを駆使する一方で、それぞれのブランドが受け継いできた持ち味を厳格に守っています。
製造技術の高さはそこに込められたスピリッツと共に世界に知られるところですが、ドイツでもマイスター制度の伝統を受け継ぎ、モノづくりの技術へ高いこだわりを持ち続けています。
ドイツ車の人気は、個性的なデザインと、車両の安全性や性能の高さゆえです。
それは、各メーカーのエンジンパワーの強力さ、安定したサスペンションの機能性・動きを見てとれば一目瞭然です。
その背景には速度無制限の高速道路である「アウトバーン」の存在が大きく関与しています。
ドイツのユーザーは速度無制限区間が多いアウトバーンを走行するため、必然的に高速運転時の安全性や安定性、耐久度への要求は高くなり、ドイツ車の堅実な走行性能を育てる一助になったことでしょう。
この高速道路の存在が、ドイツ車の最優先課題が走行時の安全性と言わしめている理由です。
もちろん安全走行に対する考え方は、エンジンやサスペンションにとどまらず、ABSやエアバックなど、現在では標準装備の安全装置がこれまでドイツ車を中心に数多く開発されてきました。

ドイツ車 買取り対象メーカー 一覧

  • メルセデスベンツ
  • マイバッハ
  • AMG
  • スマート
  • BMW
  • アルピナ
  • アウディ
  • フォルクスワーゲン
  • オペル
  • ルーフ
  • ポルシェ
  • ブラバスバーストナー
  • ミニ
  • ヨーロッパフォード
  • イエス!
  • アルタガ
  • クナウス

アメリカ車

フォード・モーター、ゼネラルモーターズ、クライスラーの大手3社を総称してビッグスリーと呼び、この他にテスラモーターズなどの新興メーカーもあります。
日本でのアメリカ車の印象は、あまり小回りが利かず燃費も悪いが、少しガタがきても動いてくれるタフな高排気量車、といったものです。
アメリカ車は、広大かつ様々な地理・気象的条件の違いを持つ都市間移動の長距離走行を念頭においているため、全般的にボディサイズは大きく頑丈に作られています。
販売サイクルについては、必要に応じて随時モデルチェンジを行う日本やヨーロッパとは異なり、毎年のように変更を行うモデルイヤー制をとり、毎秋に各社一斉にニューモデルが発表されます。
かつては日本では中古車の下取り査定が極めて低かったのですが、これはアメリカ車が富裕層や反社会的勢力、芸能人やプロスポーツ選手の愛車という、極めて維持費がかかる乗り物としてのイメージが定着してしまい、大衆人気が低く流通市場が整備されていないことに加え、モデルイヤー制にも原因があるといわれています。

アメリカ車 買取り対象メーカー 一覧

  • キャデラック
  • シボレー
  • ビュイック
  • ポンテアック
  • サターン
  • ハマー
  • GMC
  • フォード
  • リンカーン
  • マーキュリー
  • サリーン
  • クライスラー
  • ダッジプリムス
  • AMC
  • AMCジープ
  • ジープ
  • オールズモビル
  • ウィネベーゴ
  • アバンティ
  • DMC
  • テスラ
  • フィスカー
  • 米国レクサス
  • 米国インフィニティ
  • 米国アキュラ
  • 米国トヨタ
  • 米国サイオン
  • 米国日産
  • 米国ホンダ
  • 米国マツダ
  • 米国スバル
  • 米国スズキ
  • 米国三菱
  • イーグル

イタリア車

イタリア車の特徴は、高性能なエンジンに洗練されたデザインです。
一般的にはアルファロメオやフィアットのようなコンパクトモデルの需要が高いですが、ランボルギーニ、フェラーリ、マセラティのように世界最高峰のスポーツカーモデルも多く作られています。
大規模な高級車・スーパーカーメーカーが複数存在するなど、デザイン性・趣味性が強い車が多い傾向にあります。
デザイン面では、ときには流麗、ときには奇抜と評されるデザインが特徴です。
交通環境がフランスに近いため、小型車が多く発売されています。

イタリア車 買取り対象メーカー 一覧

  • フィアット
  • アルファロメオ
  • フェラーリ
  • ランボルギーニ
  • マセラティ
  • ランチア
  • ベルトーネ
  • アウトビアンキ
  • アバルト
  • イノチェンティ
  • デトマソブガッティ

イギリス車

イギリス車の特徴は品格と格式、そして質の高さです。
イギリスには、どの地域と比較しても見劣りしないだけの確かな技術力と深い歴史があります。
そこから来る確固たる自信は、イギリス車に、品格、格式、質の高さを与え、その車両を他の自動車にはないエレガンスとクラシックさ、それでいて古臭さを全く感じさせない芸術品と言えるレベルにまで昇華させています。
そして全体的に高級車・スポーツカーの志向が強い傾向にあります。
現在はイギリスの大手自動車メーカーの大半は、国外の自動車メーカーの傘下となっており、フォルクスワーゲンやPSA(プジョー・シトロエングループ)といったグローバル企業によって吸収されています。
イギリス車の多くのモデルが高級車であり、高いスポーツ性能を備えています。
特に「高級セダン」は世界の他の車と比べても圧倒的に豪華かつ高価です。
イギリス車の最大の特徴として、クラシカルなモチーフを永きに渡り使用し続けていることがあります。
それは車体デザインのみならず、内装を含めた車づくり全体に顕著に表れていて、イギリス車が持つアイデンティティとして独特の雰囲気を醸し出しています。
そしてイギリス車を始め、イギリス国内で生産された車の多くは国外へ輸出されています。
古くからイギリス車は、フランスなどヨーロッパ地域や、アメリカ合衆国といった右側通行の国での販売を目的に、左ハンドル車を生産してきました。現在も多くの左ハンドルのイギリス車が生産されています。

イギリス車 買取り対象メーカー 一覧

  • ロールスロイス
  • ベントレー
  • ジャガー
  • デイムラー
  • ランドローバー
  • アストンマーティン
  • ロータス
  • マクラーレン
  • TVR
  • MG
  • ローバーオースチン
  • モーリス
  • BL
  • モーク
  • マーコス
  • バンデンプラ
  • ウーズレイライレー
  • ケータハム
  • ウエストフィールド
  • モーガン
  • パンサー
  • トライアンフ
  • ヒーレー
  • ジネッタ

フランス車

フランス車の特徴は、ときには奇抜とすら感じられるデザインと、凝った内部機構にあります。
プジョー、ルノーやシトロエンといった小型車のラインナップが中心です。
フランスは農業大国であり、凹凸の多い石畳や農道を通る必要があったことから、足回りの安定性の技術に関して他国メーカーより優れているとされています。
特にプジョーとシトロエンは、独自開発の足回りで非常に高い評価を受けています。
ドイツ車やイギリス車と比較すると大衆車・小型車・前輪駆動車が多く、その意味ではイタリア車や日本車に近いといえます。
フランスの車は芸術を愛する国民が作り続けているイメージの通りでハイセンス。車体デザインや内装にも大いに活かされています。
車体のカラーリングは常に洗練されていて、深みと気品があるのが特徴です。
日本でいうところのオフロード走行が多い事情から、フランス車には高出力のエンジンが求められます。
国内のニーズに応えた結果、フランス車のエンジンはパワフルな性能を誇っています。

フランス車 買取り対象メーカー 一覧

  • プジョー
  • ルノー
  • シトロエン
  • DSオートモビル
  • アルピーヌ
  • ヴェンチュリー
  • MVS
  • マルタン
  • テイヨール
  • PGO

スウェーデン車

スウェーデン車の特徴は、日本でも人気の高い北欧デザインです。
スウェーデンは北欧で唯一、量産自動車メーカーがある国です。
現在日本で販売されているスウェーデン車はボルボのみで、もう1社あったサーブ(サーブ・オートモービルAB)は2011年に経営破綻しています。
ボルボは安全性能において世界をリードしてきた企業です。
世界中の車に装備されている3点式シートベルトを開発したのもボルボです。
「ひとりでも多くの命を救いたい」と、特許を無償公開したことで世界中に広まりました。
輸入車で初めて「追突軽減オートブレーキ・システム」を搭載したのもボルボです。
2012年には、世界で初めて歩行者用エアバッグ搭載車を発売して話題になりました。
世界最高レベルの安全性能と洗練されたデザインは、日本をはじめ世界各国で高い評価を受けています。
日本ではここ数年連続して、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディといったドイツ車に次ぐ新車販売台数となっています。
極寒の地であるスウェーデンでのニーズはとにかく丈夫であること、そして雪道などでの安全性能の高さです。
気温氷点下が通常であるスウェーデンでは、車の故障が生命の危険に直結するため日本車に引けを取らない頑丈さを誇っており、スウェーデンにおけるボルボの平均寿命(新車製造から廃車まで)は21年間と言われています。
現在では常識となった3点式シートベルトやパッドで覆われたダッシュボード、運転席のヘッドレスト、柔軟な素材を使用したサンバイザーや天井など、安全性能を追求したボルボが世界中に与えた影響は非常に大きいとされています。

スウェーデン車 買取り対象メーカー 一覧

  • ボルボ
  • サーブ

ロシア車

ロシアの車を多少でも知っている方なら、「ロシア車」と聞けばいかにも無骨な80年代以前のデザインの車を想像するでしょう。
伝統的なモデルの車は大排気量のエンジンが使われており、日本はもちろんのこと欧州でも環境基準をクリアできないため、国外に出ることはあまりありません。
しかしそれも昔の話で、現在は搭載エンジンが小さく近代的なSUVも販売されています。
ロシアでは日産やトヨタなど大手の進出が進んでおり、各メーカーの主力輸出車であるセダンタイプが人気です。
しかしロシア国産としては、セダンタイプよりもSUVの開発が急速に進んでおり、デザイン、性能の面でも世界レベルに進んできています。
ロシアメーカーのエンブレムはデザインが複雑です。
エンブレムは日本ではメーカーの名前などに由来することが多いですが、ロシアではメーカーの名前の起源をもとにデザインされる傾向にあります。

ロシア車 買取り対象メーカー 一覧

  • ラーダ

韓国車

韓国車の特徴として、燃料にLPGを使用する車両が多いことがあげられます。
国内のガソリン価格が極めて高く、安価なLPG燃料が人気であることが背景にありますが、かつては日本にもタクシー用途に多くLPG乗用車が輸入がされていました。
韓国ではこれまで主に日本車のノックダウン生産を行ってきたことにより、黎明期~21世紀初頭は日本車の影響が色濃く出ていました。
規格の面でも極めて日本車に近いため、当時のものはほとんど日本車そのものであるといっても過言ではありません。
一方でアメリカの影響を受けた車両もあり、商用車、特にバスはアメリカで見られたステンレス車体を模したものもあります。
しかし2000年代後半になると、デザイン面でも独自色を出して日本車の影響をなくしたモデルが多数登場しています。

韓国車 買取り対象メーカー 一覧

  • ヒュンダイ
  • GMマティス
  • サンヨン
  • CT&T
  • 大宇

タイ車

タイには国内メーカーが存在しませんが、部品製造において確かな技術を持っています。
タイでは欧米系メーカーの進出がほとんど進んでおらず、国内市場では日系企業が多くのシェアを占めています。
国際水準の自動車生産技術を持つ日系企業を受け入れたことと国策により、
国際水準の自動車に部品を供給できる国内部品メーカーを育成することに成功しました。
このような背景から、タイは日系部品メーカーに加え、高い技術力と安定した生産を支える国内部品メーカーが数多く存在する、自動車生産のハブとしての地位を確立しています。

タイ車 買取り対象メーカー 一覧

  • タイトヨタ

マレーシア車

マレーシアはモータースポーツ大国です。
東南アジアの新興工業国として成長しているマレーシア国内では、高級車からコンパクトカーまで日本以上に多様なユーザーが存在しています。
日本と比較すると車検制度が緩く、マニュアルに頼らないハンドメイド的なメンテナンスが今でも生きている事が理由に挙げられます。
マレーシアの一人当たりGDPは、シンガポールという別格を除けば東南アジアにおいてインドネシアやタイとは比較にならないほどの高水準であり、国民車と呼ばれる普及版モデルが販売される一方で、富裕層向けの車であるトヨタやホンダも国の成長に伴い販売台数を伸ばしています。
市場規模は東南アジアではインドネシア、タイに次いで第3位で、自動車メーカー各社はEEV基準に対応した車種を続々と発表しています。
市民の日常の足は自家用車が主流であり、一家族で複数台を所有することも珍しくないマレーシアでは、2014年に発表された国家自動車政策(NAP)により、省エネルギー車EEVの生産拠点になることが発表されました。
マレーシアにおけるEEV規格は排気量に応じた燃費効率が設けられており、各メーカーが発売する新モデルも販売が好調な小型車を中心に燃費のよいEEVが主流となっています。

マレーシア車 買取り対象メーカー 一覧

  • プロトン
  • TD

南アフリカ車

イギリスのロータス・スーパー7のレプリカであるバーキン7を製造し、日本へも輸出しています。
日系ではトヨタと日産が現地に工場を構え、地元の人材育成や雇用創出へ大きく貢献。
部品メーカーでは、デンソー、ブリヂストン、キャタラー、トヨタ紡織など、20社近くが進出しています。
各自動車メーカーは自動車製造拠点の設置をアフリカ周辺地域で進めつつあり、南アフリカからの自動車輸出台数は現在増加しています。
この様な主要メーカーによる投資拡大は、南アフリカのみならずアフリカ大陸全土における進出拡大も示唆します。
アフリカ大陸で自動車産業は最大の規模を誇っており、同国経済にとって不可欠な存在です。
市場は50のメーカーが存在する大変バラエティに富んだもので、2,000モデルもの乗用車や、リクリエーショナル・ヴィークル (RV)、小型商用車が販売されています。
南アフリカに生産工場を擁するメーカーは、同国の低廉な生産コストと、同国がEUや南部アフリカ開発共同体と締結している自由貿易協定を新たなマーケット開拓に生かすことが出来る、有利な立地を手にしているといえます。

南アフリカ車 買取り対象メーカー 一覧

  • バーキン
  • オランダ
  • トンガ―ブート

外車買取りの流れ

まずはお問合わせ下さい

まずはお問い合わせいただき、
概算金額をお伝えし、折り合えば
無料出張査定に伺います。

概算の金額をお伝えします

時間場所指定していただき、
査定後金額折り合えば引取日を決めます。

引き取り・現金のお渡し

車両、書類を受け取り指定日に
入金致します。

外車買取24の買取の流れを詳しく見る

外車買取24について

外車買取24について

輸入車、それも売買のみ特化した
プロフェッショナル集団です。
メーカー毎に担当がいる為、他社では
査定出せないお車も査定が可能に。

初めての方へ

外車買取24から
外車を売りたい皆様へ

  • 近くに価値を理解してくれる専門店がない!
  • 査定を出しに行くお時間がない!
  • ディーラーの下取り、大手買取店の買取り金額が安すぎる!

外車買取24ならそんなお悩みを解決します。ディーラーの下取り、大手買取店の買取り金額、はっきり言って安過ぎます。外車・輸入車で損はさせたくない!
外車買取24は、ディーラー、大手買取店とは外車・輸入車の高価買取に対する、情熱が違います!24時間査定受付、全国無料出張査定です。まずはお問い合わせください。

外車買取24から外車を売りたい皆様へ

日本全国即日出張買取
お客様負担ゼロ!

輸入車は必ず、輸入車の専門店で売却・査定するべきと考えます。ですがなかなか専門店ってないですよね。さらに、稀少車となると価値がわかってくれる店舗はすくないのではないでしょうか。
外車買取24では輸入車で損させたくない!そんな思いから24時間受付日本全国に出張査定を対応しています。お時間が取れないかた、近くに専門店がない方稀少な故に納得いく金額がつかない方お問い合わせお待ちしております。

外車買取り対応エリア

北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・栃木・群馬・茨城・埼玉・千葉・
東京・神奈川・新潟・富山・石川・長野・岐阜・福井・山梨・愛知・静岡・滋賀・
京都・兵庫・三重・奈良・大阪・和歌山・鳥取・島根・山口・岡山・広島・香川・
愛媛・徳島・高知・大分・福岡・佐賀・宮崎・熊本・長崎・鹿児島・沖縄

日本全国即日出張買取お客様負担ゼロ!

まずはカンタン無料査定!お気軽にご連絡ください!

お問い合わせ時には車検証があると
よりスムーズになります。